福岡・藤崎駅の歯医者、審美歯科では、歯科保存治療専門医・指導医の視点で、
長期にわたり安全にお使い頂けると判断した場合のみ、インプラント治療をお勧めしております。

インプラントとは、歯の失われた部位の顎の骨の中に、人工的な歯根を埋め込み、その上に人工歯を取り付ける治療方法をいいます。インプラントは人工歯根とも呼ばれ、天然歯に近い構造を持ち、口の中の機能回復と審美性を追求した新しい歯科治療です。
インプラントは、顎の骨の中に埋め込む歯根部、歯の部分に相当する上部構造と、その間を連結する支台部のおよそ3つの部分から構成されています。

ブリッジ
メリット自分の歯と同じように噛むことができ、違和感がありません。
デメリットブリッジを固定するため、両隣の歯を削る必要があります。
義歯
メリット口の中の型を取る程度の比較的簡単な治療ですみます。
デメリット硬い食べ物や、粘り気のある食べ物では苦労することがあり、異物感を感じる人も。
インプラント
メリット自分の歯に近い構造で、同じように噛むことができ、見た目もきれいです。
デメリットインプラントを埋め込む手術が必要。保険適用ではないため費用がかかります。

【1】初診インプラント治療についての相談と説明
【2】検査病歴、健康状態の問診・口の中の診査・レントゲン写真、歯型の採取
【3】診断治療方針の決定と説明
【4】手術
4−1:
歯肉を切開し、顎の骨に専用ドリルでインプラントを埋入する孔を形成します。
4−2:
インプラントの歯根部を骨の中に埋入したあと、骨にしっかり固定されるまで、3-6ヶ月待ちます。
4−3:
支台部の型を取り、上手構造を作製します。上部構造を支台部に取り付け、完成となります。
【5】メインテナンス
<ブラッシング>
インプラントは、プラーク(歯垢)が付着すると細菌感染を起こす心配があります。正しいブラッシング法で、確実にプラークを取り除いてください。
<定期健診>
3ヶ月に1回は定期健診を受けて下さい。異常を感じたらすぐ来院してください。

▲術前
▲歯肉を切開している
▲歯肉を剥離している
▲インプラント体の埋入方向の確認
▲インプラント体を1本埋入
▲インプラント体を2本埋入
▲歯肉を縫い合わせる
▲2週間後。歯肉はきれいな形になってきた
▲3ヵ月後。土台を作るための型どり前
▲土台装着
▲仮の歯をつける
▲最終的な冠が入る。患者さんが金属の歯を希望された場合。

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ



▲このページのトップへ
ホームクリニック案内ドクター紹介ホワイトニング・審美むし歯・歯周病治療矯正歯科インプラント

福岡・藤崎駅の歯医者、審美歯科「クローバー歯科」
福岡市早良区昭代3−13−17 マクシーズ藤崎1F 
092−841−7282 お問い合わせはこちらから